こんにちは。M’s美療ファクトリー 北野です。

本日は1月7日日は…

そうです。人日の節句。七草粥です。

春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って食べられる。祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。
この行事は、平安時代には行われていたが、室町時代の汁物が原型ともされているそうです。

春の七種とは

せり・なずな(ぺんぺん草)・ハハコグサ(母子草)・コハコベ(小蘩蔞)・コオニタビラコ(小鬼田平子)・カブ(蕪)・ダイコン(大根)

この7種の野菜を刻んで入れたかゆを七草がゆといい、邪気を払い万病を除く占いとして食べる。呪術的な意味ばかりでなく、御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もあるそうです。

皆さま★今日はお正月料理などで疲れた胃を労ってあげて下さいね(-_^)
そしてお身体も労って下さいね!

本日はご予約がいっぱいでございます。

明日であれば空きがございますので、是非ご利用くださいませ。

★☆M’s美療ファクトリー☆★

ご予約はこちら

LINEで送る